2017年11月17日金曜日

露の世は




“露の世は 露の世ながら さりながら”
小林一茶

朝露や夜露のように、
すぐに消え入ってしまう儚さこそが
世の習いであると知りつつも、
やはり、つらい別れにはいちいち心を痛めてしまう。

五十を過ぎて得た子供に
次々と先立たれてしまった一茶の、
やるせのない悲しみが
この句には滲んでいる。


祖父と愛犬、

僕にとっては絶対的な愛情と、優しさのシンボルとも言える
そんな二つの命が、続いてこの世を去っていった。

“露の世は 露の世ながら さりながら”

どちらも老境にあった身、
いずれ、もうじき と理解はしていたつもりだが、
やはりそれなりに寂しい。

はかない命を、俗に 露の命とも言う。

こぼれる涙を露と例えることもある。




仙人は露を飲んで暮らすと荘子の
『逍遥遊』にはある。

「逍遥遊」を訳すれば、「ぶらぶら歩き廻る遊び」だろうが、
ここでは何にも囚われない、自由な、
のびのびとした生き方を指すそうだ。

なにも仙人になりたいわけではない、

しかし、のびのびと生きるのが仙人であるならば、
それに倣うのも悪くない。

僕も露を飲んで生きていこう。

この世の露を飲み込みながら、
何にも囚われずに生きてみたいと、そう願う。

“星の別れ ほろりと露を こぼしけり ”
正岡子規

草木の露は儚くて、小さく、そしてまた美しい。
露の世もまた然りである。






























2017年11月15日水曜日

生活という海で






“生活というこの無辺際な、

雑多な漂流物にみちた、気まぐれな、
暴力的な、
 

そのくせいつも澄明な紺青をたたえた海”

        
三島由紀夫『愛の渇き』より



その海に磨かれながら

丸みを帯びる

僕らもまた漂流物の一片一片。

+(プラス)も(マイナス)もあるから面白い。

大きく笑うし、

たまに挫ける。






2017年11月14日火曜日

ワンジ/臨時休業




楽しかったかい?

そうか、僕もだよ。


幸せだったかい?

そうだといいな。


ワンジは、
世界で一番かわいい僕の弟。


君が居てくれて
本当によかった。


天国でもいっぱい駆け回るといい。

木の棒をかじるといい。

大きな穴を掘るといい。


いつかまたマッサージをしてあげよう。

いつかまた一緒に歩きたい。

その時はもうあまり面倒くさがらない。
約束する。


ただただありがとう。
愛させてくれてありがとう。


享年13歳。

イングリッシュ・コッカースパニエルと
アメリカン・コッカースパニエルのミックス犬は

世界で一番かわいい僕の弟。





ヒマダコーヒー
本日11/14は臨時休業を頂戴いたします。














2017年11月6日月曜日

八ヶ岳 - 恵施(けいし)とKC(ケーシー)



天は地と与(とも)に卑(なら)び
山は沢と与(とも)に平らかなり

古代 中国の思想家 
恵施(けいし)の言葉だそうです。

神とか宇宙とか、
そういう尺度で見れば、天と地に違いはなく、
山と沢の高低差だって、ぺっちゃんこに等しいのだと、
そういうことでしょうか。

11/1~2の定休日。

急きょ思い立ち、
1泊2日で山登りに行ってまいりました。

深まる八ヶ岳。

キャンプ泊での登山は実に2年ぶりになります。

久しぶりの山麓に心が弾むも、
体はそうはいきません。

ザックの重さだけでなく、
日頃の運動不足やら歳やらもが背中に覆いかぶさってくるのです。

登り道でゼイゼイ喘ぎながら、
ふと、恵施の言葉を思い出しました。

天は地とともにならび、
山は沢とともに平らかなりね。

どこが?

少なくとも僕にとって天は高く、
山は屹立としてそびえ立ち、
とてもじゃないが平らかではありません。





皆は僕のことをKC(ケーシー)と呼びます。
本名の啓介が転じたあだ名なのですが、
無論、恵施(けいし)とは縁もなければゆかりもありません。

八ヶ岳の標高は3000m足らず
そこでこんなにも息を切らしているのですから
似ているのは名前くらいのものです。





諸子百家の思想家、恵施(けいし)。
なんでも彼は立派な人物で、魏の国の大臣も勤めたそうです。

彼のような境地に到れば、
山と沢は平たくなって、
登山ももっと楽になるのかもしれません。

けれども、僕にとって山は山。
厳しく、急峻で、そしてなにより愉快なものです。

今はまだ、
この喘ぎを楽しんでいたい、
息切れしつつ、そうも思うのでした。

山が山であることが
こんなにも素晴らしく感じられるのですから。

偉い思想家にはなれそうもありません。
山と沢とが平らになって、
天と地とが均しくなったら面白くありませんもの。
凡俗に生きてまいりましょう。

骨休めに行ったのか
疲れに行ったのか分からぬ休みではありましたが、
久しぶりの山登り。

自分が好きなことが再確認できた
楽しく有意義な山行でありました。

悟りや真理には至りませんが、
大切なことにならチョっと、気付くことが出来たようです。




テントやら寝袋やらを詰め込んで

山の秋は深い。
道はところどころ凍結し、つららが実る。
日が落ちれば気温は氷点下に。



切り立つ峰もよいけれど、
やはり苔と樺の林はこころが和む。


天と地、山と沢
金子みすゞに倣って言うならば
みんなちがって、みんないい












2017年10月26日木曜日

朝のスマッジング





毎朝、ホワイトセージを少し焚く。

セージの束に火をつけて、
たなびく香りで一日の始まりをことほぐのだ。

空気を浄め、
ついでに気持ちも切り替える。

スマッジングと云う浄化の作法。
これ、ネイティブアメリカンの智慧。

清くおごそかな心持ちで臨みたいもの。


とは言え、
 なかなかそうはなってくれない。

なぜなら、僕は火遊びが好きなのだ。

蝋でもマッチでも 焚き火でもいい。
結局、何かを燃やしていれば機嫌がよくて

放火魔はこうして生まれるのかと
我ながら危ぶみつつも、

朝のスマッジングは、
一日の始まりの 気つけを得るためにも半分なっている。

起きぬけのエスプレッソみたいなものだ。


シャーマンや
メディスンマンにはなれそうにない。

高尚にはなれず。

花火で友達を追い回していた
あの頃に、まだまだ心性は近いようだ。






2017年10月21日土曜日

高田と高田



失恋をして気落ちしている僕の元へTがやって来た。
本を2冊、差し入れに携えて。

ミュージシャン高田渡の『バーボン・ストリート・ブルース』と
高田純次『適当教典』






ダブル高田だ。な、だから良いだろ?

何が良いのかは分からぬが真意は伝わる。
 つまり、あまり思い詰めるな、だ。
気楽に行けよと、彼なりの励ましなのだ。

うつむき加減にこう返す。


バカヤロウ、延彦が足りないぞ。







プロレスラー高田延彦も加えてトリプルでいきたいところだが、
それは高望みというもの。素直に恩に着よう。

そうして僕らはぶらぶらと街へと繰り出した。
彼の好物、ホルモン焼きを食べたのを憶えている。

お、細野晴臣がドンキホーテに入っていくぞ!
細野さん見れたんだ、な、だから良いだろ?

だから何が良いのかは分からないけど、うん。良い。



もう随分と前の話である。

今の弱った胃腸では、ホルモン焼きは消化に困る。
やはり今よりはだいぶ若かったのだろう。


ぼんやり何か思い出すのも悪くない。
秋の長雨はいつ止むとも知れぬのだから。

『バーボン・ストリート・ブルース』は読了したが、
『適当教典』は結局パラパラめくっただけだったか。

それら2冊はまだ手元にある。
誰か落ち込んでいる人がいれば渡してやってもいい。

ダブル高田だ。
だから良いだろ?なんて言いながら。

会う頻度は減ったけど、
Tとは今でも親友だ。



今日のBGMは高田みどり
『THROUGH THE LOOKING GLASS (鏡の向こう側)』








4人目の高田の登場だ。
ベースで参加は細野さん。



雨の退屈も、悪くはない。





2017年10月8日日曜日

あたらしい豆 あたらしい淹れ方



ビバ・メヒコ!

皆さんオーラ。
つい、浮かれてしまいましたがメキシコです。

本日から珈琲メキシコ豆の取り扱いが始まります。

メキシコ・マヤビニック深煎り。
マヤ先住民によって育てられた有機栽培 手摘み 
フェアトレードのお豆です。

ヒマダコーヒーの新しい定番は
国分寺 ねじまき雲さんより。


世田谷 グラウベルコーヒーさんから
•いつものブレンド   
http://www.glaubell.net

国分寺 ねじまき雲さんから
•シングル豆-メキシコ  
http://nejimakigumo.bitter.jp

しばらくはこの2種を当店ドリップ珈琲の
枢軸として提供していきたいと思います。

さて、このメキシコ豆の特色は、
生カカオのようなコクと甘み。ほろ苦さ。
葉巻を思わせる薫香。そしてアーシーな泥臭さ。

敬愛するねじまき雲さんよりの到着です。



さて、コーヒーのドリップには、点滴抽出という技法があります。

注ぐ湯をひとしずく、ひとしずく、
1滴ずつ落として淹れる。
時間と集中力を要する好きもの好みの淹れ方ですが、
この度、点滴抽出コーヒーを新メニューとして
当店でも始めることにいたしました。

点滴と聞くと医療を喚起して
少し気味が悪いと思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですのでここはひとつ、
点滴を、ドロップレットと言い換えて耳触りよく。

こちらドロップレット珈琲は
デミタス(70ml) もしくは レギュラー(140ml)でのご提供。

使う豆は上記、メキシコになります。


ヒマダコーヒー新しい豆に新しい淹れ方。
そして定番「いつものブレンド」

読書の秋の傍らに一服いかがでしょうか?


それではアディオス。
ムーチョ・グラシアスでした。